ジャック (1996) : Jack

普通の4倍の速さで成長する少年と彼を取り巻く人々の姿を通して、はかない人生を精一杯生きることの大切さを描いたヒューマン・ファンタジー。監督は、フランシス・フォード・コッポラ。脚本はジェームズ・デ・モナコとゲイリー・マデューのオリジナル。撮影はジョン・トール。音楽はマイケル・ケイメン。美術はディーン・タヴォラリス。

監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ロビン・ウィリアムズダイアン・レイン、ビル・コスビーほか

ジャック (1996)のストーリー

若くして他界した長男にコッポラが捧げた、優しく切ないハートウォーミング・ストーリー。年齢は10歳なのに、どう見たって40歳の大人。ジャックは普通の人間の4倍の早さで成長してしまう哀しい運命を持って生まれた。溢れる両親の愛も、彼の心の寂しさを埋めきれない。友達が欲しいジャックは思い切って5年生のクラスへ編入する。迎えた子どもたちの好奇の目。しかし、かけがえのない人生の一瞬一瞬をエンジョイするジャックの姿は、やがて周囲に不思議な感動を広げていった―。人生の意味とは…?生きることの価値とは…?

関連記事

  1. フィッシャー・キング (1991) : The Fisher King

  2. 奇蹟の輝き (1998) : What Dreams May Come

  3. ミセス・ダウト (1993) : Mrs. Doubtfire

  4. キャデラック・マン (1990) : Cadillac Man

  5. 愛と死の間で (1991) : Dead Again

  6. フック (1991) : Fook