フック (1991) : Fook

大人になって昔の記憶を失ったピーターパンの再生しての冒険を描くファンタジー。監督はスティーヴン・スピルバーグ、原案・脚本も兼ねるジム・V・ハート、ジェームズ・M・バリーの戯曲を基に、原案にはニック・キャッスル、脚本にはマリア・スコッチ・マーモが加わっている。撮影はディーン・カンディ、音楽はジョン・ウィリアムスが担当。

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ダスティン・ホフマン、ロビン・ウィリアムズ、ジュリア・ロバーツ、グレン・クローズ、フィル・コリンズ

フック (1991)のストーリー

ピーター・バニング(ロビン・ウィリアムズ)は仕事中毒と言うべき40歳の企業付弁護士。妻モイラ(キャロライン・グッドール)、11歳のジャック(チャーリー・コースモ)、7歳のマギー(アンバー・スコット)という家族がいる。子供たちは四六時中仕事にかまけているピーターのことが大いに不満だ。ジャックが楽しみにしていた少年野球の応援もすっぽかした。クリスマス休暇に、バニング一家はモイラの祖母でピーターを孤児院から救ったというウェンディ(マギー・スミス)をロンドンに訪ねる。一家はウェンディの邸宅でしばらく暮らすことになるが、ある夜大人たちが外出先から帰ると、子供たちの姿はなく、ドアには脅迫文があった。「親愛なるピーター、子供を助けたければ姿を現わせ。ジェームズ・フック」何が起こったか見当もつかないピーターに、ウェンディが真実を告げる。ピーターはウェンディが孤児院から救ったのではなく、本当はネヴァーランドからやって来た永遠の子ども〈ピーターパン〉だったのだと。信じられない思いのピーターの前に、小さな妖精ティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)が現れる。ティンクはピーターをシーツにくるみ、ネヴァーランドへ向けて飛び立つ。島に着いたピーターを待っていたのは、腹心スミー(ボブ・ホスキンス)を従えた残忍なフック船長(ダスティン・ホフマン)だった。子供たちを前に、ティンクはピーターがピーターパンだと3日以内に証明してみせると言う。はずみで海中に転落したピーターは島の反対側に流れ着き、迷子の少年たちの助けを借りて、ピーターパンとなる特訓を受ける。約束の3日目、ついにピーターパンとしての記憶を取り戻したピーターは空を飛び、フック船長を倒し、無事に子供たちを救出した。そしてロンドンで目を覚ましたピーターと子供たちは、ネヴァーランドでの出来事を思い返すのだった。

関連記事

  1. キャデラック・マン (1990) : Cadillac Man

  2. グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち (1997) : Good Will Hunting

  3. フラバー (1997) : Flubber

  4. 聖なる嘘つき/その名はジェイコブ (1999) : Jakob the Liar

  5. アンドリューNDR114 (1999) : Bicentennial Man

  6. ファーザーズ・デイ (1997) : Fathers’ Day