インソムニア (2002) : Insomnia

白夜のアラスカで捜査ミスを犯した刑事が、罪悪感と不眠症に苦しめられる姿を緊迫感たっぷりに描く心理サスペンス。「メメント」(’00)の新鋭クリストファー・ノーラン。

監督:クリストファー・ノーラン
出演:アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・スワンク、モーラ・ティアニー、マーティン・ドノヴドノ

インソムニア (2002)のあらすじ

アラスカで起こった殺人事件を捜査するため、LAから現地に飛んだ敏腕刑事ウィル(アル・パチーノ)。しかし彼は容疑者を追跡中に誤って相棒を殺害してしまい、その事実を揉み消すことに。そんなウィルに犯人からの電話が入る。

インソムニア (2002)のストーリー

白夜のアラスカの田舎町ナイトミュートで、17歳の少女が撲殺される事件が発生し、応援としてロス市警からウィル・ドーマー刑事(アル・パチーノ)と相棒のハップ・エッカート(マーティン・ドノヴァン)が派遣される。一方、ロサンゼルスでは、内務監察部による、過去のドーマーの捜査に対する調査が進んでいた。エッカートは、内務監査部から証言を求められていた。手がかりを残さない犯人をおびき寄せるためドーマーは罠を仕掛け、犯人を山小屋におびき出すことに成功する。しかし、深い霧の中での追跡で、彼は犯人と誤ってエッカートを射殺してしまう。だが、警察での取調べで、ドーマーは、自分がエッカートを撃ったとはいわず、撃たれたエッカートを発見したと証言した。このエッカートが死亡した事故については、地元の刑事エリ・バー(ヒラリー・スワンク)が調査することになった。自責感と日の沈まない白夜に悩まされ、不眠症に陥ったドーマーのもとに、犯人が電話をかけてきた。自分が犯した少女殺しと、ドーマーのエッカート射殺について取引をしようというのだ。ドーマーはやむなく犯人と直接対決するために、犯人が会合場所として指定したフェリーへ向かうのだった。フェリーのなかで、犯人とドーマーは、今後について話あうのだが、犯人は、殺された少女のボーイフレンドのランディ・ステッツを犯人にしたてあげよう、と提案する。ドーマーは、それには反対するが、フェリーのなかでの会話を、犯人が隠し持っていたマイクロテープレコーダーに録音されてしまう。

関連記事

  1. ファイナル・カット (2004) : The Final Cut

  2. ストーカー (2002) : One Hour Photo

  3. ナイト ミュージアム (2007) : Night at the Museum